障害者にとって地域での生活は強い希望だと思います。障害者施設や福祉施設の中で生活するのは昔のこと。
ここに注意!知らない地域で始める新生活

地域での生活の支援事業

ここに注意!知らない地域で始める新生活
身体の不自由な方や、精神に障害をもった方が、ふつうの地域で生活するということは強い希望だと考えます。
これまではそういった障害をもった方はほとんどが国や地方自治体の管理する障害者施設や福祉施設の中でしか生活の場をもつことはできませんでした。
また一般社会もそうした障害者を地域の社会で共に生活するということを拒んできたという事実がありました。

しかし、障害者といえども、親があり兄弟があり友達があって、障害者を施設に送り込むということは、結果として親子の関係や兄弟の関係を拒否するという悲しい選択であったと思います。

しかし、今はもうそうした扱い方ではなく、障害者も社会の一員として地域で生活をさせるにはどうすればいいのかということが地域の社会への大きな課題となってきています。
そのためには社会が何をすればいいのかという支援のための様々な取り組みが始まっています。

歩けない障害者を移動させつための支援とか、言葉が自由に使えない知的障害者とのコミュニケーションを補うための支援とか、ふつうの事業所では働けない障害者に就労の機会を与えるための支援とか。こうした様々な支援があってこそ障害者の地域での生活が可能になります。
地域の自治体や社会福祉協議会などが中心になってこうした障害者支援事業が行われるようになってきました。
障害者と地域で共に生活することに不安を抱く市民がいることも事実ですが。それはあまりに独善的なことで、そういう市民もまた人である以上は互いに理解しあってこそ豊かな社会への希望が見えてくるのでしょう。

Copyright (C)2017ここに注意!知らない地域で始める新生活.All rights reserved.